賃貸マンションで暮らす充実した日々|シャレオツDiary

Real Estate

不動産で投資を行なう

不動産投資の一つとして賃貸マンション経営があります。近年では長引く不況や先行き不透明な政治経済に加え、資金が豊かな者が優遇される税改正など先など見えない、今生きるのに精一杯のなか、一時金を手に入れ裕福な生活を送る方々はごく一部であります。このような中、確実に資産運用にて、収入を得ようと、賃貸マンションを建築し、活用しようとしています。しかしながら、かなりのリスクを追うこととなりますので、よほどの計画性を持ってやらないと失敗に終わってしまいます。一度に収入を得るのではなく、長いきかんを経て、老後の為にと、マンション経営に乗り出す若い世代が増えてきている。建築から15年から20年はマンションのローン返済に賃料は消えますが、上手くしていけば、その後は次第に収入を得ることになるでしょう。

サラリーマンの方々がマンション経営をおこなう場合、出来るだけ優遇された金融機関を探すことが秘訣であります。固定金利か変動金利かは自身の決定となりますので、専門家と相談するのも一つの手であります。賃貸マンションの建築に当たっては、専門業者を通しますので、各担当がつくと思います。営業マンの言いなりになるのではなく、自分の要求も出すことです。空室保証は当然の事ながら、保証期間を交渉することも一つであります。この交渉は大変大事であり、空室分の賃料保証に関わりますので、後々の経営にマイナスの影響が少なくなるようにリスクを減らしておくことが、大変大事であります。最初に上手く滑り出すことを考えなくてはなりません。